理想の人材とは

<佐藤さん>先生からみて、理想的な人材とはどのようなタイプでしょうか?

<阿部先生>今、NHKで坂本龍馬をやっていますが、武市半平太は、良かれと思い自分は藩主の為に行っていると思い込んでいても、殿様には受け入れられないやり方で行っている為に殿様から嫌われてしまう。私は、逆の立場からみて、あのような部下を作ってしまった殿様に問題があるように思います。殿様は、自分の為にと言ってくれる部下に対して、こういう具合にすれば、自分の為になるといった事を教え、導いて行けるような存在でなければならないと思います。 そうした意味では、坂本龍馬は上手に立ち回った人材の一人だと思います。物事に流動的に対応出来る能力を兼ね備えた人材は大変貴重だと思います。 また、もし自分が出来ない事があれば、それが出来る知恵を授けてくれる存在がそばにいる事も大変重要な事だと思います。

ページのトップへ戻る