今を生きる為のアドバイス

<佐藤さん>先生が初めて市長選に出馬される事をお決めになられた時、東京で二人でお会いさせて頂いた事がありましたが、あの時に「目標達成の為に何事にも逃げ出さずにやり遂げる事の大切さ」「資格の取得等、自分のレベルアップの為の努力を積み重ねる事の大切さ」といった社会人として生きて行く上でのアドバイスを頂いた事を今でもしっかり記憶しています。川崎市長並びに人生の大先輩として、今現在、各々の世界で必死に生きている卒業生や在校生達に何かアドバイスを頂けますでしょうか?

<阿部先生>何事も逃げ出す事は良くない事だと思います。どんなに不本意な事であっても、そこから逃げ出さずにぶつかって行かなければならない時がある。自分がやらなければならない事であれば尚更の事です。 どうしても上手く行かない事があれば、じっくり時間を掛けてチャレンジする事も大切な事だと思います。そうする事で必ず知恵が浮かんで来るでしょうし、また、誰かが必ず助けてくれる。とにかく、ぶつかって行かないと壁は突破出来ない。ぶつかって、何回も挑戦するうちに、努力した分だけ実力が身に付いたり、自然と答えを導き出せるようになると思います。

今の世の中は様々な分野で問題が山積しています。ただ、問題があるという事は、これからの人達がやるべき事がたくさんあるという事です。 今日ここにいる、佐藤 哲君や斎藤 光香さんはイチロー選手と同い年ですね。 大器晩成という言葉があるように、とにかく何か課題を見つけ、それにチャレンジし続けて行く事が大切だと思います。例えば、自分で会社を経営したいと思ったら、そういう目標を立てて、その為の準備をする。その過程で素直に人の意見を聞く事も大切だと思います。お酒を飲んだりする時でも、自分が聞きたい事、知りたい事を、様々な立場の先輩等から聞けば良いと思います。「至る所に先生がいる」と言うのが、まさにそうであり、常に、問題意識を持っていれば、何気ない会話や新聞、書物等から必ず解決策を導き出せると思います。
川崎市が取り組んで来た環境問題の解決という事も、そういう事だと思います。環境問題を解決しようと思ったから、解決にたどり着いた訳であって、今はその解決した事実が、次の世代の人達の教訓になって活かされようとしています。 今、川崎市が新たな産業都市として行おうとしている事が、今、正しく、世界が直面している環境問題の解決に繋がる手立てとなるよう、川崎から世界に向け、問題解決の糸口となる蓄積された情報を発信し続けて行きたいと思います。

ページのトップへ戻る